ANA(全日空)の採用情報

航空会社TOP >> 航空会社の採用情報 >> ANA(全日空)の採用情報

ANA(全日空)の採用情報

ANA(全日空)での中途採用とキャリア採用は大きく分かれて3タイプになっており、総合事務職、総合技術職、そして客室乗務職です。公式サイトでは客室乗務職限定の募集となっていますが、総合事務職、総合技術職でも個々のポジションでは非公開求人としての案件が存在すると考えられます。ANAはJALと双璧を成す国内の2大航空旅客輸送会社で、国際的な航空会社の格付けでも最高位の5つ星を獲得している最大手の航空会社になります。その成立は、戦後の航空機運行禁止令解除時点からというとても歴史のある航空会社です。

全日空グループ全体で掲げている理想の人材像としては、秀才タイプ、模範解答タイプの人材ではなく、「人間力に秀でた人材」という点が特長です。LCCの台頭、そしてアジア航路の拡大は、これまでの2強体制とはまったく違う経営環境を同社にもたらせることになりました。複雑化していく一方の航空会社間の競争を乗り切るために、ANAでは人と変わった発想ができる方、さまざまな人を魅力で惹きつけることができる方を、新卒においても積極採用しています。

ただし、中途と新卒では違う厳しさがあることは自覚しておく必要があります。新卒は「育てていく」という意識で採用を行っていますが、キャリア採用では「即戦力」が求められていることは間違いありません。即戦力とは、現場にすぐ馴染むことができ、自身に課せられた責任を即座に把握して課題に取り組むことができる人材のことです。会社が違えば大切にしていることも違い、突き詰めていけばそれは「経営理念」に行きつきます。最大手の航空会社で働くことを自覚できる人材、また、最大手の自覚と責任を抱いた上で、求められていること以上のパフォーマンスを発揮できる人材が、どの局面でも求められています。

客室乗務員以外の求人情報に触れることができれば、それはとても間口の狭いピンポイントの求人情報であるということをしっかりと理解しなければいけません。その募集は実際に人手が必要で、悠長に教育している場合ではないという状況であることがほとんどであると考えられますので、応募の際は自身に何が求められるのかということをしっかりと理解した上で臨みましょう。業界最大手であるANAの採用活動はとてもシビアなものであるということが予想されますが、そこに挑むことで自身を試すこともできます。情報に触れた際は積極的に挑むことで、その後のキャリアにもプラスになるでしょう。

航空会社の求人に強い転職サイト!

  サービス名 利用料金 対応エリア 推奨度 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2014 - 2017 航空会社求人ランキング【※TOP5のエージェント比較】 All Rights Reserved.